表参道 港区 麻布 赤坂 青山 六本木動物医療センター 六本木動物病院

【西麻布】動物病院で手術の相談を!猫のストレスについて

ポーカーフェイスな猫は体調不良やストレスを隠すのが上手く、飼い主が気づくころには症状が進んでいることが多いです。ストレスサインを知って、早期発見できるようにしましょう。

こちらでは、ストレスによる猫の病気や、見落としがちなストレスサインをご紹介します。身体の小さな猫の健康を守るには、早期発見と治療が何よりも重要です。気になる症状がみられる際には、西麻布の動物病院・六本木動物医療センター 六本木動物病院 青山本院にご相談ください。西麻布にある六本木動物医療センター 六本木動物病院 青山本院は、外科手術の実績も豊富です。

ストレスが溜まった猫がなりやすい病気 入院や手術が必要な場合もある

ストレスが溜まった猫がなりやすい病気 入院や手術が必要な場合もある

自由気ままな印象がある猫ですが、実はストレスに弱く病気の原因になることもあります。

以下は、とくにストレスが原因でなりやすい猫の病気です。

心因性脱毛症

脱毛症は、部分的に体毛が抜けてしまう病です。原因は、寄生虫やカビとストレス性(心因性)のものがあります。

環境の変化や飼い主の長期不在など、猫がストレスを感じる原因は様々です。皮膚を検査して寄生虫やカビがいない場合は、心因性脱毛症を疑います。

舐性皮膚炎

猫はイライラや寂しさを感じる時間が長いと、必要以上にグルーミングをしてしまうことがあります。それによって皮膚が傷つき、そこから皮膚炎に繋がったのが舐性皮膚炎です。

悪化するとただれたり、かゆみが酷くなったりして慢性的な皮膚炎になることも少なくありません。

脂肪肝

猫が拒食する原因は様々ですが、その一つがストレスです。

長期間エサを食べないと肝機能が低下して脂肪がたまり、やがて脂肪肝になります。脂肪肝は、放置すると命に関わる症状です。

突発性膀胱炎

突発性膀胱炎は明確な原因がまだ解明されていませんが、ストレスの影響があると考えられています。発症すると頻尿や血尿を起こし、一度発症するとクセになりやすい再発率の高い病気です。

この他にもストレスが原因で体力や免疫力が低下することで、猫ウイルス性鼻気管炎や猫伝染性腹膜炎など、様々な病のリスクが高くなります。

入院や手術が必要な病気や命に関わる症状もあるため、ストレスのサインに気づいたら早めに対処しましょう。

猫が出しているストレスのサイン 気になる症状があれば動物病院に相談を

猫が出しているストレスのサイン 気になる症状があれば動物病院に相談を

猫は不調を隠すのがとても上手で、毎日一緒にいる飼い主ですら気づけないことが多いです。

もしも以下のような変化に気づいたら、よく観察してみてください。

今までしなかった行動をしはじめる

ストレスによる変化の中で飼い主が気づきやすいのは、行動です。

以下のようなサインに気づいたら、猫にストレスがかかっていないか環境を見直してみてください。

  • 発情期でもないのに鳴き続ける
  • グルーミングが増えた、ずっと身体を舐めている
  • 威嚇や攻撃性が増した
  • ごはんを食べない
  • 急に走る、暴れることが増えた

猫によってよく鳴く子、食が細い子、臆病で威嚇が多い子など、様々な個性があると思います。

これらはあくまでも一例ですので、「いつもと違う」と感じたらストレスや病気のサインだと考えましょう。

排便の異常や嘔吐がある

人がストレスを抱えたときと同じように、猫もストレスによって胃腸が弱ることがあります。原因不明の下痢や便秘が発生したら、ストレスのサインかもしれません。

血便が発生することもあります。

すぐに回復すれば心配ないですが、続く場合は早めに動物病院に相談しましょう。

おもらしやマーキングが増える

トイレを覚えているはずなのに、粗相をするのもストレスサインの一つです。

買い主に対しての抗議の現れであることや、膀胱炎になっている場合の行動でもあります。

もしも猫のストレス行動や体調の変化に気づいたら、早めに動物病院に相談してください。

西麻布近隣でなら、六本木動物医療センター 六本木動物病院 青山本院がお力になります。避妊・去勢手術や体調のご相談など、どのようなことでも大丈夫です。乃木坂駅や六本木駅から歩いてすぐですので、電車からでもお越しいただけます。西麻布で動物病院をお探しの方は、お気軽にご来院ください。

西麻布で動物病院をお探しなら六本木動物医療センター 六本木動物病院 青山本院に相談を

個性豊かな猫たちは、ストレスに対する強さにも大きな差があります。同じ環境で過ごしている猫でも、ストレスを抱える子もいれば、まったく平気な子もいるため、判断はなかなか難しいです。

しかし、ストレスがかかると必ず行動に変化が現れます。日ごろから行動をよく見て、いつもと違うと感じたら早めに対処しましょう。

西麻布周辺で動物病院をお探しの方は、六本木動物医療センター 六本木動物病院 青山本院にご相談ください。ペットが感じている苦痛の排除と、飼い主様の気持ちを最優先した治療を大切にしている動物病院です。年中無休(夏季休暇・年末年始を除く)で診療を行っており、完全予約制です。当日予約も受けていますので、ご来院の際はお電話にてご予約ください。

西麻布でペット相談なら六本木動物医療センター 六本木動物病院 青山本院

院名 六本木動物医療センター 六本木動物病院
院長 獣医師 園田 浩治
住所 〒107-0062 東京都港区南青山1丁目16−2
電話番号 03-5786-1811
URL https://www.roppongi-ah.com/
診療時間 9:00~12:00/15:00~19:00 完全予約制
休診日 年中無休(夏季休暇、年末年始を除く)
駐車場 4台 ※高さ1.95mまで(1台)、高さ1.85mまで(1台)、高さ1.75mまで(1台)、高さ1.70mまで(1台)
最寄り駅のご案内
  • 千代田線 乃木坂駅 徒歩1分
  • 都営大江戸線 六本木駅 徒歩7分
  • 銀座線 青山一丁目駅 徒歩8分
  • 半蔵門線 青山一丁目駅 徒歩8分
  • 都営大江戸線 青山一丁目駅 徒歩8分