表参道 港区 麻布 赤坂 青山 六本木動物医療センター 六本木動物病院

【青山】動物病院でペットの命を守ろう!おすすめの搬送方法

ペットの具合が急に悪くなったり、ケガをしたりなど、トラブルはいつ起きるかわかりません。このような状況に直面した際、まずは慌てないことが大切です。そしてペットの様子を確認しながら、注意して動物病院に搬送します。

こちらでは、ペットを運ぶときのおすすめ方法やポイントをご紹介します。青山にある六本木動物医療センター 六本木動物病院は緊急時も対応可能な動物病院です。

ペットを安心して動物病院に搬送するには?おすすめの方法をご紹介

ペットキャリーで寝ている猫

キャリーバッグや段ボールを活用

動物病院へは基本的にキャリーバッグに入れて連れて行きます。しかし、骨折などで無理に動かせない、嘔吐が激しいなど、キャリーバッグに入れづらいこともあります。その場合、ペットの身体のサイズに合わせた段ボールを活用します。

ペットも楽な体勢を保つことができます。最近は簡単に組み立てられる段ボールも販売されているので、準備しておくことをおすすめします。

動かないようにシートベルトで固定

自家用車で動物病院に連れて行く際は、しっかりとシートベルトでキャリーバッグや段ボールを固定するようにしましょう。極力揺れを抑えることで、車に慣れていないペットや三半規管が弱い猫も落ち着いた状態で動物病院へと向かうことができます。

できるだけ安静にさせるためにも、飼い主さまが声をかけることも大切なポイントです。ペットも心細さを感じずにすみます。

公共交通機関での移動は規則を確認!

自家用車を所持しておらず、公共交通機関を利用して動物病院を訪れる方もいらっしゃるでしょう。その場合、あらかじめ公共交通機関の規則を調べることをおすすめします。場合によっては、手荷物切符の準備や大きさの限度が設けられていることがあるため、確認しておくと安心です。

ペット専用のタクシーをチェック

ペットも一緒に乗車可能なタクシーがあることをご存知ですか?タクシーによっては、ペットの乗車を断っているところもあります。安心してタクシーを利用するのであれば、ペット専用のタクシーを事前にチェックしておくのもおすすめです。

突然のトラブルに動揺が隠せないこともあるでしょう。状態を悪化させないためにも、注意深く動物病院に搬送することが重要です。青山エリアにある六本木動物医療センター 六本木動物病院では、犬や猫の総合診療に対応しています。青山で急なトラブルに見舞われた際はぜひご連絡ください。

ペットの緊急事態も慌てずに!青山の六本木動物医療センター 六本木動物病院が冷静に対応!

診察台にいる茶色の猫

青山エリアの六本木動物医療センター 六本木動物病院は、ペットが急に体調を崩した場合も安心して利用できる動物病院です。南青山という立地にあり、曜日関係なく診察に対応できます。

完全予約制となっていますが、当日予約や急患も随時受け付けていますので、青山での緊急時には六本木動物医療センター 六本木動物病院までご連絡ください。

青山周辺の動物病院でペットの健康についてご相談するなら六本木動物医療センター 六本木動物病院へ

院名 六本木動物医療センター 六本木動物病院
院長 獣医師 園田 浩治
住所 〒107-0062 東京都港区南青山1丁目16−2
電話番号 03-5786-1811
URL https://www.roppongi-ah.com/
診療時間 9:00~12:00/15:00~19:00 完全予約制
休診日 年中無休(夏季休暇、年末年始を除く)
駐車場 2台 ※高さ1.7mまで(1台)、高さ1.95mまで(1台)
最寄り駅のご案内
  • 千代田線 乃木坂駅 徒歩1分
  • 都営大江戸線 六本木駅 徒歩7分
  • 銀座線 青山一丁目駅 徒歩8分
  • 半蔵門線 青山一丁目駅 徒歩8分
  • 都営大江戸線 青山一丁目駅 徒歩8分

最寄り駅のご案内

  • 千代田線 乃木坂駅 徒歩 1 分
  • 都営大江戸線 六本木駅 徒歩 7 分
  • 銀座線 青山一丁目駅 徒歩 8 分
  • 半蔵門線 青山一丁目駅 徒歩 8 分
  • 都営大江戸線 青山一丁目駅 徒歩 8 分