表参道 港区 麻布 赤坂 青山 六本木動物医療センター 六本木動物病院

【青山】動物病院なら日曜日の予約も!ペットの老後を考えよう

大切な愛犬・愛猫も必ず寿命があります。いつまでも一緒にいたいと思いながらも、その時は少しずつ近づいています。ペットの老後を考えたとき、どのように過ごすことがペットにとって良いのでしょうか。ペットが最後まで心地よく過ごすために気をつけたいポイント、老犬・老猫がかかりやすい病気についてご説明します。

青山にある六本木動物医療センター 六本木動物病院では、ペットの老後に関するご相談も受け付けています。日曜日のご予約も可能ですので、青山で動物病院をお探しの際は六本木動物医療センター 六本木動物病院までご相談ください。

ペットたちの老後について考えよう!

犬の顎を包み込む手

老犬・老猫のボーダーラインは?

一緒に暮らしてきたペットが老犬・老猫になるのは、必ず訪れるできごとです。加齢と共に食欲が衰え、歩行がしにくくなります。日常の行動がスムーズにできなくなってきた頃が老犬・老猫のボーダーラインと言えるでしょう。

最近はご長寿犬・ご長寿猫と呼ばれるぐらい長生きするペットも増えています。愛するペットがいつまでも健康に過ごせることが飼い主の望む形と言えます。老化が進むということは、様々なことに気をつける必要があります。

健康管理をしっかり行う

ペットが健康に長生きするには健康管理が必須です。成犬・成猫の頃は影響がなかったことも老化に伴い影響が出ることもあります。特に食事面は気をつけることがたくさんあります。また、今までの積み重ねが身体に負担をかけることもあります。

体重が多すぎると足腰や臓器への負担につながります。健康管理は、ペットが若いときからしっかりと行いましょう。

老化でなりやすい病気とは?

老化は見た目だけでなく、臓器などにも影響が及びます。臓器の衰えによる病気で多いのが癌です。また、心臓病や腎不全を患うこともあります。この他にも様々な病魔が襲うことがあります。高齢のペットにとって、手術が耐えられないこともあるでしょう。手術の決断は飼い主さまが決めることとなります。動物病院で獣医師としっかり話し合い、最適な方法を見つけましょう。

最後までケアを行うことが大切

高齢化したペットは介護が必要になります。大型犬の場合、身体が大きいので介護の負担も大きくなります。ペットを飼うことは、最後までしっかりとケアを行うことが何よりも重要です。語りかけたり、美しい風景を見せたりすることもペットにとって良い刺激になるでしょう。余生を共有し、最後まで寄り添う気持ちが大切です。

南青山の六本木動物医療センター 六本木動物病院では、ペットの老後に関するご相談も承ります。健康的で心地よい環境作りをお手伝いさせていただきます。日曜日のご予約も可能ですので、青山で動物病院をお探しの際は、お気軽にお問い合わせください。

ペットの老後を動物病院に相談!日曜日も予約可能な青山の六本木動物医療センター 六本木動物病院へ

診察台の上にいる大型犬

ペットが長く健康に過ごすには、飼い主さまのケアが必要です。食事や運動などの健康管理、病気の向き合い方など、ペットの老後に関するお悩みは青山の動物病院・六本木動物医療センター 六本木動物病院にご相談ください。健康を保つために必要な行動やペットにとってどのような過ごし方が良いか一緒に考えます。

青山・六本木・赤坂など、様々な場所から徒歩でアクセスできる動物病院で、日曜日の予約も可能です。青山で獣医師の話を聞いてみたい方、ペットの老後の過ごし方についてのお悩みをお持ちの方は、南青山の六本木動物医療センター 六本木動物病院へご相談ください。

青山にある動物病院でペット診療をご希望なら六本木動物医療センター 六本木動物病院

院名 六本木動物医療センター 六本木動物病院
院長 獣医師 園田 浩治
住所 〒107-0062 東京都港区南青山1丁目16−2
電話番号 03-5786-1811
URL https://www.roppongi-ah.com/
診療時間 9:00~12:00/15:00~19:00 完全予約制
休診日 年中無休(夏季休暇、年末年始を除く)
駐車場 2台 ※高さ1.7mまで(1台)、高さ1.95mまで(1台)
最寄り駅のご案内
  • 千代田線 乃木坂駅 徒歩1分
  • 都営大江戸線 六本木駅 徒歩7分
  • 銀座線 青山一丁目駅 徒歩8分
  • 半蔵門線 青山一丁目駅 徒歩8分
  • 都営大江戸線 青山一丁目駅 徒歩8分