表参道 港区 麻布 赤坂 青山 六本木動物医療センター 六本木動物病院

【赤坂】動物病院が教える豆知識!猫に必須な三大栄養素とは?

猫にはどのような栄養素が必要かご存知ですか?赤坂からアクセス良好な動物病院・六本木動物医療センター 六本木動物病院が、猫の健康に必要な栄養素をご紹介します。さらに、猫にとって命の危険につながる食材も押さえておきましょう。

赤坂のすぐそばにある六本木動物医療センター 六本木動物病院では、猫の健康に関するご相談もお待ちしています。

猫に必要な三大栄養素をチェック!

キャットフードを食べる猫

猫が必要とする三大栄養素は、タンパク質・脂肪酸・炭水化物が挙げられます。

タンパク質

肉食である猫にとって、三大栄養素の中で重要とされるのがタンパク質です。タンパク質といっても動物性である必要があります。鶏肉や魚などに含まれる動物性タンパク質を与えると良いでしょう。

脂肪酸

脂肪酸も欠かせない栄養素です。特に、必須脂肪酸が不足すると血液凝固や皮膚状態、繁殖機能の低下につながります。とうもろこしなどに含まれるオメガ6脂肪酸、フィッシュオイルに含まれるオメガ3脂肪酸などを積極的に摂取させることが大切です。猫の毛並みは健康状態の表れとも言われていますので、悪影響が出ている場合は脂肪酸不足かもしれません。

炭水化物

炭水化物も猫にとって重要な栄養素です。炭水化物の一種である食物繊維が必要で、腸内細菌の発酵作用などにつながります。炭水化物はエネルギー源にもなるため、必ず与えましょう。

タンパク質・脂肪酸・炭水化物の他にも、猫が摂取すべき栄養素はたくさんあります。その他の栄養素や愛猫の体調が気になる場合、動物病院に相談することも一つの方法です。赤坂エリアの六本木動物医療センター 六本木動物病院では、猫に関する様々なお悩みをお伺いしますので、お気軽にご相談ください。

猫にとって危険な食材とは?

白衣を着た人の指し示す手

猫にとって危険な食材についてもご説明します。代表的な食材は玉ねぎやニンニクです。これらは赤血球にダメージを与え、貧血を引き起こす可能性があります。また、レーズンやブドウは腎臓機能の低下、チョコレートは下痢や嘔吐のリスクがあります。

万が一、猫が食べてしまった場合は、速やかに動物病院で診察・治療を受けることが大切です。赤坂からも利用しやすい六本木動物医療センター 六本木動物病院では緊急時にもしっかりと対応します。

愛猫の食事に関するご相談は赤坂エリアの六本木動物医療センター 六本木動物病院へ

猫に必要な三大栄養素をご紹介しました。猫の健康を維持するためには、飼い主さまの栄養管理がとても重要です。栄養バランスの取れた食事を用意することで、健康的に過ごすことができます。猫は食事にムラがあることでも知られています。ただし、あまりに食欲がないと感じたときは動物病院を受診しましょう。

赤坂で動物病院に猫の食事について相談するなら、六本木動物医療センター 六本木動物病院までお問い合わせください。犬・猫を専門とした動物病院であり、猫に関して豊富な知識を持っています。疑問点や不安に感じることなど、何でもご質問ください。

赤坂近くの動物病院でご相談希望なら六本木動物医療センター 六本木動物病院へ

院名 六本木動物医療センター 六本木動物病院
院長 獣医師 園田 浩治
住所 〒107-0062 東京都港区南青山1丁目16−2
電話番号 03-5786-1811
URL https://www.roppongi-ah.com/
診療時間 9:00~12:00/15:00~19:00 完全予約制
休診日 年中無休(夏季休暇、年末年始を除く)
駐車場 2台 ※高さ1.7mまで(1台)、高さ1.95mまで(1台)
最寄り駅のご案内
  • 千代田線 乃木坂駅 徒歩1分
  • 都営大江戸線 六本木駅 徒歩7分
  • 銀座線 青山一丁目駅 徒歩8分
  • 半蔵門線 青山一丁目駅 徒歩8分
  • 都営大江戸線 青山一丁目駅 徒歩8分

最寄り駅のご案内

  • 千代田線 乃木坂駅 徒歩 1 分
  • 都営大江戸線 六本木駅 徒歩 7 分
  • 銀座線 青山一丁目駅 徒歩 8 分
  • 半蔵門線 青山一丁目駅 徒歩 8 分
  • 都営大江戸線 青山一丁目駅 徒歩 8 分