表参道 港区 麻布 赤坂 青山 六本木動物医療センター 六本木動物病院

【赤坂の動物病院】ペットの健康を維持するために!犬の歯周病と予防法

【赤坂の動物病院】ペットの歯周病と予防について

赤坂の動物病院で歯科診療をお考えなら、六本木動物医療センター 六本木動物病院 青山本院 赤坂院にご相談ください。ペットである犬や猫も、人と同じように口腔内を不潔にしていると歯周病を患ってしまいます。

ここでは、歯周病と予防のための歯磨き法についてご紹介いたします。

犬の歯周病

獣医によって口を開けられる犬

犬の息が臭いのは当たり前だと思っていませんか?

その原因は歯周病かもしれません。

歯周病とは?

歯周病は、大きく歯肉炎と歯周炎に分けられます。

歯肉炎は、歯と歯茎のすき間に歯垢が付着することで歯茎が炎症して起こります。

多くの場合、適切な治療を受けることで完治します。

歯周炎は、歯肉炎がさらに悪化し、歯の組織まで炎症している状態です。治療による完治が難しく、ひどくなると鼻や顎にも症状が広がってしまうことがあります。

一度ついた歯垢はブラッシングを丁寧に行わなければ落ちることがなく、蓄積した歯垢は時間が経過すると石灰化して歯石へと変化してしまいます。

細菌も繁殖しやすくなり口臭の原因にもなるため、日ごろから正しいケアで予防する必要があります。

歯周病が進行すると?

歯周病を放置し手当を怠っていると、さらに症状は進み歯槽膿漏や歯根膿瘍を起こします。

歯槽膿漏では、膿が大量に発生し、歯と歯のすき間から漏れ出してしまいます。

歯根膿瘍になると歯を支える歯根部分にまで膿が溜まり、歯茎から出血する、歯が抜けてしまう、顎の骨までもろくなるなどの症状があります。

歯周病かチェックしよう!

以下の症状があると、歯周病を疑われます。

  • 歯に歯石がびっしり
  • 歯茎が赤く腫れている
  • 歯茎から血や膿が出る
  • 歯がぐらついている
  • 頬から膿が出る
  • 顎がゆがみ食べづらそう

歯周病が悪化すると膿が発生しますが、犬の場合は歯根が深いため、歯茎よりも頬の方が近く、頬から膿が排出されることも珍しくありません。

歯周病に気づかず放置することで、さらに症状が悪化し、細菌感染による炎症や膿が発生する他、痛みが発生して食欲が減退したり、腎臓病・心臓病の原因になったりすることもあります。

歯の汚れや口臭が気になったら、そのまま放置するのではなく、病院を受診することをおすすめします。治療方法は様々ですので、症状の進行度合いに合わせて選択するとよいでしょう。

ペットの健康のために知っておこう!予防に役立つ歯磨き

歯磨きされている犬

歯周病のリスクを下げるには、人と同様、歯を丁寧にブラッシングして清潔に保つことが大切です。

ここでは、予防に役立つ歯の磨き方についてご紹介いたします。

デンタルグッズを活用しよう!

近年、歯周病予防のためのデンタルガムや、液体デンタルケアなど様々なデンタルケアグッズが多数販売されています。

口周りを触られるのが苦手なペットでも、グッズを上手く利用することで、徐々に慣れてもらいましょう。この際、無理強いしてしまうと噛まれる可能性があるため気をつけましょう。

歯磨きの方法

口周りを触れても大丈夫になったら、いよいよ歯ブラシの出番です。

この時、いきなりブラシをするのではなく、まずは見せるだけでも構いません。騒がず認識できるようになったら、歯ブラシをそっと当ててみましょう。

できるだけ頭は動かさず、歯ブラシの方を少しずつ動かすことで、歯磨きが受け入れられやすくなります。

歯磨きは習慣化することが大切です。できるだけ子犬のうちから慣れさせておき、恐怖心が芽生えないように工夫しましょう。

歯磨きを嫌がらせないワザ

歯磨きを嫌がらせないためには、味付きの歯磨きペーストを用意するのがおすすめです。

最初は飼い主の指先に取り、舐めさせてあげましょう。よりステップアップを希望する場合は、そのまま唇を少しめくり、指で歯を触ります。

抵抗がある場合は、急がず、数日から数週間を目標にじっくりと時間をかけましょう。

犬は歯垢がつきやすい

人と犬を比べると、犬は歯垢が付きやすい傾向にあります。そのため、歯磨きは毎日行うのがベストです。

可能であれば朝と夜の2回がおすすめですが、難しい場合は無理をせず、歯磨きが嫌いにならない程度に抑えておきましょう。飼い主の手間にはなりますが、スキンシップとしてできるだけ楽しむようにするのがおすすめです。

ペットにも適切なデンタルケアを!

犬や猫も人と同じように、歯垢や歯石が溜まり、歯周病になってしまいます。口臭がする、歯茎が腫れているようだと思ったら、歯科のある動物病院へ相談しましょう。

お口の健康は身体の健康にも直結します。歯磨きは幼い頃から習慣化し、スキンシップの一環として毎日行うようにしましょう。

六本木動物医療センター 六本木動物病院 青山本院 赤坂院では、予防歯科の他、歯根治療も行っております。ワンちゃん・ネコちゃんの歯を健康に保つためにも、定期的な歯石除去(スケーリング)をおすすめします。

赤坂で動物病院をお探しの方へのお役立ち情報

赤坂で完全予約制の動物病院をお探しなら六本木動物医療センター 六本木動物病院 青山本院 赤坂院へ

院名 六本木動物医療センター 六本木動物病院
院長 獣医師 園田 浩治
住所 〒107-0062 東京都港区南青山1丁目16−2
電話番号 03-5786-1811
URL https://www.roppongi-ah.com/
診療時間 9:00~12:00/15:00~19:00 完全予約制
休診日 年中無休(夏季休暇、年末年始を除く)
駐車場 2台 ※高さ1.7mまで(1台)、高さ1.95mまで(1台)
最寄り駅のご案内
  • 千代田線 乃木坂駅 徒歩1分
  • 都営大江戸線 六本木駅 徒歩7分
  • 銀座線 青山一丁目駅 徒歩8分
  • 半蔵門線 青山一丁目駅 徒歩8分
  • 都営大江戸線 青山一丁目駅 徒歩8分